2006年05月08日

雑学ネタをひとつ

今日は、気分転換に

郵便番号表示の『〒』のマーク
日本字でもないしローマ字でもないし
一体この記号は何もの?

郵便記号『〒』は明治20年に郵政制度が始まったとき
最初は郵便局を統括していた逓信省の頭文字『T』から
記章として考案されたモノらしいわ

だけど『T』は外国では郵便物の料金不足を表す記号だって
ことがわかって、大慌てで逓信省のカタカナの頭文字の『テ』
を使うことになったらしいよ。

その際、図案化されたのが今の記号のはじまり
っていう説が有力なんだって、フーンそうだったのね

ちなみに
郵便ポストも、郵便制度を学んだイギリスに倣って
初めは黒色だったそうよ

でもね外国のように夜間照明が整備されてなかった
明治時代の日本では見えにくいということから
赤になったとさって

う〜ん、赤って見易いかぁ?
黄色だよね。き・い・ろexclamation


トップページ(こころとからだの悩み〜いろいろ〜)に戻る
posted by nopa at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。